2011年9月10日土曜日

これから外出しますの巻き

これから、従業員がセミナーと読んでおる研修旅行に参加してきます。
年に一度ですが、外部で研修の行事を行うのです。
ここタイでも、人材育成やら職場の人間関係向上をねらったセミナーが流行っております。

それで、会社も何時からかは存じませんが、この研修を導入しておりました。
自分の赴任する前からのようで、社長にも参加の声をかけられる分けです。
でも、タイ語ですから分かりませんので、自分は宴会参加の単なるオブザーバーですよ。

もちろん、稟議書は先に伺いが来ますので、日程は分かっています。
ふむふむ程度で極端に予算が増えていないかだけ、チェックしてOKです。
後は、セミナー以外で楽しみな観光を教えてもらって出かけることになります。

と言うわけで、上さんも誘って、二人で運転手さんに任せえたまんまの気軽な旅ってことでしょうか。今回は、ヤング・ココナッツ・リゾートとかいう宿泊施設に泊まるのですが、ここバンコク近郊では、ホタル鑑賞で有名なアンパワー市場近くとのことでした。差し入れのワインも買ったし、ここは楽しんでこようと思う道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

4 件のコメント:

Oblige347 さんのコメント...

グリグリモンガー社長様、お久しぶりです!
いやぁ、こちとら最近多忙でなかなかここに寄れませんでした。
しかし、社長様はお元気そうでなによりです! まだまだ、タイや近隣諸国の社長様が肌で学ばれた情報収集が満載ですから、このブログは重宝しております。

そこで、あの噂のKuantan氏が↓のリンクに貼ってあるタイの情報を流していますが、本当に在タイ日本人社会ってこげんなもんでっしゃろうか?
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.com/2011/09/blog-post_09.html

最近タイランドにちょっと憧れが募ってきましたので、下調べをしたいと思いまして、情報集めをしています。 そこで、もしタイがKuantan氏の言うようなところであれば不安ですので、それが本当か嘘ハッタリか、Kuantan氏よりも在タイ経験のあられる社長様にお伺いしたくて散文を投稿させていただきました。 悪しからず・・・。

これからも、もっといきいきとした企業戦士の指揮官殿のタイおよび近隣諸国の情報どんどん期待しております!

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Oblige347さんへ、

お久しぶりで、お元気そうで何よりです。
コメントをありがとうございます。

ところで、某苦暗澹の情報ですが、非常に一面的なもので感心はできません。
彼はタイに定住した定点観測をしていませんし、これまで何かタイについて書き込んだとしても、一時的な滞在の単なる漂白者の立場から見た印象でしょう。

住み着いた人の考えは、違うもんでして、次のサイトを紹介させていただきますので、ご参考になさってください。

タイ・ブログランキング
http://www.ajisai.sakura.ne.jp/~mado/ranking/html/index.html
※日本人サイトの紹介がメインです。真面目な人が多いってのが分かります。

タイ・ビザフォーラム
http://www.thaivisa.com/forum/
※英語圏の人々が、盛んに利用していると思います。

タイブログドットコム
http://www.thai-blogs.com/
※欧米人のバンコク情報です。

タイちゃんねるBBS
http://jbbs.livedoor.jp/travel/3341/
※彼の発言は、この2チャンネルに近い、社会の暗部や底辺的な印象を含みます。

日系も含めた海外企業の格上クラスとなると、この地で暮らす外国人は、生きる道がまったく異なります。
(私は、格下ですが、、、)

Obige347さんなら、学歴・経歴を存じ上げておりますので、ここタイに来られれば、高いステータスに属するのではないでしょうか。お付き合いも、それに関ってきますので、この辺は考慮されたら、どうでしょうか。

実際、タイは厳然たる階級社会なのですよ。本当に。

Oblige347 さんのコメント...

ぐりぐりもんがー社長様、

お忙しい中、非常に参考になる意見および資料のご提供、まことに痛み入ります。

>一時的な滞在の単なる漂白者の立場から見た印象でしょう。

・・・やっぱりこういうことですかね。

なるほど、やはり『どこの共同体』にいるかで住み心地が変わるわけですな。 Kuantan氏も一部の共同体のみを垣間見ただけで全てを理解したようなもんだということですね。 

私のスコットランド在住のイングランド人の友人もタイランドとは縁があるようで、数年前もタイで1年ほど在住して、今回もまた数年ぐらい滞在するようです。 結構、UKだけでなくチェコ人の友人なんかもタイに赴いているので、案外、タイランドでまた欧州の人々とのコネクションができるような気配も無きにしろあらずというところでしょうな。 

それにタイランドは景気が良さそうなので、在泰在勤も考えてみようかなぁ・・・。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Oblige347さんへ、

タイの情報は、日本人より欧米人の方が、仕事からナイトライフまで広範囲に把握していると思います。
ですので、日本人の四畳半的なネタ漁り程度では、かなわないはずで、語学が堪能なあなたなら、それも可能と思います。
もし、タイへ来られるなら、世界から色々な情報を仕入れて判断されることをお勧めします。
例えば、ゾウさんは知能が高いので、絵を描くことが分かり、アトラクションで描いて見せるようになりました。
それをネットでギャラリーとして公開して、作品を販売する欧米人もいるくらいです。
こう言った面白いアイデアのエッセンスは、欧米人の方が抜きん出ていると思うのです。

http://www.elephantartgallery.com/