2011年12月19日月曜日

火病を起こした李明博と、尊厳の無い解剖をうけた金正日の巻き


偉大なる指導者、金正日が無くなったのが、先週土曜日の17日午前。
それとほぼ同時に、韓国の大統領イミョンバクは、韓国を離れて来日しています。
何も情報が無かったのでしょうかね。

それとも第二第三の従軍慰安婦像が立つと脅すのに、ためらいを見せて切れ味が悪くなるのを恐れて、側近達がわざと知らせなかったのでしょうか。

今朝の朝刊を読みながら思ったんですが、今回の韓国の手口は、北朝鮮が得意として来た恫喝外交の十八番を奪うような印象でした。
韓国の大統領と言うのは、任期も後一年を残すようになると、求心力も低下して国民から支持を集めるのに躍起となるようで、そんなお国柄を見せ付けたわけです。


このため、叩きやすい日本を生贄にしようとするのは、先代のきじるし=ノムヒョン閣下で、我が国家も学習済みでした。
ですので、いまさら驚くには当たらないのかもしれない。
韓国と言う常識外の存在は、過去の事例にそっくりの路線を踏襲しながら、外交儀礼もなんのその、火病=ファビョって駄々をこねた児戯を見せ付けてくれた、ワンマンショーの世界です。

ところで、偉大なる指導者の方ですが、病理解剖せねばならないほどに、毒殺やら他殺のような危険が絶えず彼の身辺にあったと言うことでしょうか。
一国の独裁者と言うお仕事も、死んでから体を切り刻まれるように弄ばれると言うのも、意外と尊ばれない淋しい職業なのかもしれませんね。

と言うわけで、国際的に政治的な国家間の緊張が走らないことだけを祈ります。2012年は人類が終末する年だと予言している人も結構いるくらいですが、今回はその予兆なんでしょうか。そんなことは杞憂であったと、来年の今頃は笑っていたいと思った道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

6 件のコメント:

Oblige347 さんのコメント...

マヤ暦による世界の終わりはちょうど明後日の一年後(2012年12月21日)なんですよねぇ・・・。 

んまぁ、それまで普通に生きるのが人間のやるべき事では? 死とはいつかはやってくるが、確実にいつとは考えずに生きていくことが幸せというものです。 

それにマハトマ・ガンジー氏も「明日死ぬが如く生きよ。 そして、永遠に生きるが如く考えよ」と仰っていたし。 んまぁ、いつもただ一生懸命にひたすら生きることが重要なのではと思う今日この頃。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Oblige347さんへ、

コメントを有難うございます。
この二人の朝鮮半島の指導者については、タイミングは同じなのに明暗が分かれました。
あまりに対照的なんですが、従軍慰安婦の話なんか吹っ飛んでしまって、野狸政権にとってはラッキーとか思ってるんじゃないでしょうか。
そんなことで、自分は市井の人として外野でちんたら生きていきますよ。

はだゲソ さんのコメント...

死にやがりましたね、多くの災いを残したまま。
後は一刻も早く拉致被害者家族が再開できることだけですわ。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

はだゲソさんへ、

後継の正雲大将道志は、スイス育ちってことです。
お坊ちゃんのようですが、ヨーロッパみたいな自由な国で育つと、格子なき牢獄みたいな祖国を、どう思っているのでしょうか。
正男君だったら、素直にわびて拉致被害者を帰してくれそうな気もするんですが、肉声も聞いたことがなくて正体と言うか得たいが未だ知れませんので、これからですね。

匿名 さんのコメント...

「明日死ぬが如く生きよ。 そして、永遠に生きるが如く考えよ」
 毎晩贅沢な宴会して、今日すべき仕事は明日に廻そう。そう云う事ですね!
 これはキムジョン氏の生き方に通じますね。もっと早く権力委譲しておれば頓死しても安心だったでしょうに。しかしデブ族支配は何時まで続くのだろうか?
 あるいはカダフィの末路を見て、死んだ振りしてトンズラしたのかな?

ぐりぐりももんが さんのコメント...

匿名さんへ、

サダムフセイン、カダフィ、金正日の共通項。
それは、享年69歳だそうです。
やっぱり、独裁者は失脚すると命取りですから、権限委譲も出来ずに地獄に落ちるまで突っ走るわけです。
だから、意外に長生きしない。
チャウシェスクも71歳でしたなー。
自分は、もう少し生きたいので市井でつつましく暮らすつもりです。