2011年2月6日日曜日

ぱちもん・ウインドウズ7を入れてしまったの巻き


このウインドウズ7のDVDですが、150バーツでした。

もちろん、正規品ではございません。
日本円にして、四百円也のOSでございます。
買う時、あまりの安さに騙されているんじゃないかと思いました。
まあ、そのつもりで楽しみとして買っておいたと言う分けです。

こちらバンコクにも、秋葉原みたいな電脳街が点在しています。
大きなところですと、パンチッププラザとかZEERなんかありますね。
中には、IT-Cityなどと小生意気に自称するモールもあります。

行って見ると分かるんですが、ソフト屋さんでは正規品が見当たりません。
海賊版だらけでして、それが当たり前のご当地です。
それに、PCを買ってもOSがインストールされていないのです。
つまり、OSは自分でインストールするのが、こちらの常識なのかもしれません。

となれば、インストールするのは、こう言うパチモンなのでしょうか。
よくは分かりませんけど、そうかもしれないと思います。
実は、十年前のタイ出張でも、似たようなOSを買った記憶があります。

その時は、ウインドウズ2000のマルチ言語バージョンでした。
値段が六百バーツでしたから、セブンよりも四倍高かったことになります。
多分、まだパソコンが今ほど普及していなかったので、割高だったのかもしれません。

でも、ちゃんとインストールもできたし、日本ではずっと使っていました。
要するに、パチモンでも大量流通で相場が値崩れしたと言うことでしょう
それだけ、ここタイのPCは今や常識の時代になったのかもしれません。

ところで、昨日の投稿では、パソコンの組立中だと書き立てました。
CPUの交換で安定して動くようになり、一安心です。
そうなれば、ウインドウズでも入れてみようかと思い立ちました。

まず、日本から持ってきた正規品のXPを使うのは無難な線です。
でも、当たり前すぎて面白くありません。
それに、SP1バージョンとかなり古めのリリースです。

これに、SP2からSP3までグレードアップする必要も出てきます。
結構、作業に時間も掛かりまして、かなり面倒です。
なら、いっそう、あの騙されたつもりのセブンでトライしよう。


そんな軽~い乗りも手伝ってか、即インストール作業を始めてしまいました。
いやー、インストールは快調に進んでいきます。
何と、三十分足らずで終了していしまいました。

と言うわけで、かなり中古の部品を集めて作っても、ウインドウズ7は軽快に動作するのでした。
ただ、英語版なので日本語入力ができるのか確認できていません。
ネットで調べる限りできるようですので、少しずつ暇な時にトライしてみようと思う道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

おまけ:
自作パソコンの仕様表を公開しておきます。
五年以上前のスペックですが、ネット程度の仕様なら問題ないでしょう。
未だ未だ現役で使用可能だと思いました。

CPU:Athlon-XP2200+(クロック:1.8Ghz)
(結局、このCPUも表面をきれいにしたら、動作しました。)
メモリー:DDR400-1.5GB
グラフィック:Nvidia FX-5500(256MB) AGP8X
ハードディスク:320GB
DVD-RW:LG製
電源:450W(現地仕様なので、入力電圧は220V固定です。)

2 件のコメント:

Oblige347 さんのコメント...

>ただ、英語版なので日本語入力ができるのか確認できていません。

小生の現在使用しているパソコンはこっちで購入したものですんで、もともと日本語が打てませんでした。

ですが、グーグルから日本語プログラムをダウンロードできると分かってから、グーグルで『日本語タイプ』をダウンロードしたら、普通に日本で販売されているパソコンと同等に日本語入力できるようになりました。

ただ、MSワードにおいて日本語の誤字修正、文法修正ができないですが。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Oblige347さんへ、

投稿の後、英語版セブンでも、日本語IME7が使えるとネットで確認しました。

ちょっと心配なのは、パチモンなのでDVDでインストールする日本語環境ファイル構成が存在するかどうかですね。

その場合、グーグルのかな漢字変換をインストールしようとも思っています。しかし、400円のぱちもんOSですよ。

値段があって無いようなもんです。