2012年1月8日日曜日

まともなスピーチライターを付けろよの巻き


ここで、ヒアリングのテストをする気はありません。
ですが、じっと耳を傾けてお聞きください。
まず、冒頭でネバー・ギブ・インと語りかけています。

その後で、ネバー・ネバー・ネバーと畳みかけました。
訳しますと、決して屈するな(あきらめるな)と呼びかけているのです。
そして、この一節が、政治家として時のイギリス首相だったチャーチルを不動のものにしました。

ところで、最近、これに近い文句を日本で聞いたことがありませんか。
確か、野田とか言うどぜうが、止せばいいのにほざいていたと思います。
政権は、社会保障と税の一体改革を目玉になんとしても推し進めたい。

つまり、消費税の増税は、石にかじりついてもあきらめないと言うことでしょう。
このため、ネバー、ネバー、ネバー、ネバー・ギブ・アップと連呼しました。
でも、この人には学問がはっきり言ってありません。

引用をするなら、言葉は間違えてはいけないのです 。
高校時代に習ったからと言って、裏も取らずに浅薄に喋りました。
つまり、チャ-チルはギブ・アップと言ってはいなかった。

実際には、ギブ・インだったのです。
もうひとつ、付け加えさせていただきましょうか。
チャーチルの演説した状況では、イギリスはドイツと戦争状態にありました。

国民は爆撃の恐怖にさいなまれ、心は疲弊していたのです。
これは、国家にとってもっとも困難な時代であり切迫感が伝わって来ます。
国民を鼓舞するかのように力強いフレーズを切り出すのは、当たり前でしょう。

ところで、増税の推進が戦争状態だとなぞらえてよいのでしょうか。
チャーチルが屈しないのは、敵であったドイツ軍なのですよ。
増税に屈しないために、どぜうは誰を敵にするのと言うのでしょう。

それは、自民党を初めとする野党ですか。
それとも、徴収されることになる日本国民全体なのでしょうか。
やはり、マニフェスト詐欺を仕掛けた政権与党の民主党ならではです。

ただ、単純に言い回しが格好いいからと言って引用した。
でも、その歴史を深く訪ね、背景を探ろうともしない。
だから、この程度の引用なら野田はダメだね。

と言うわけで、一言でバッサリ切りたくなりました。言葉狩りをする気はありませんが、ここは日本人ですから「不退転の覚悟」、「不倒翁の如く」、「不撓不屈」と言えば良かったじゃないですか。そして、前向きに政治を進める印象を強く押し出したかったのなら、否定的な言葉は避けるべきでして、ならば、ここで政治家としては一巻の終わりでしょう。この程度の人間で首相を努められる政権は、長くはないかもしれないと思った道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

何でそんなに増税したいのでしょうね。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

匿名さんへ、

財務省は、日本人家庭当たりの借金が数百万円だと執拗に言ってきました。

そして、国民がこれを返済するには増税しかないと言うシナリオを描いて、納得させようとしてきたわけです。

でも、家計で借金が多いのなら、出費を切り詰めませんか。切り詰めて、お金に余裕が出来たなら、借金を返済して行くのが相応のものでしょう。

でも、財務省はしないんですよ。
それはなぜか。

だって、公務員の給料を下げられたり、天下り先を整理されたら、自分達にとって旨みが無くなりますもの。

要するに、役人は増税で役人天国を維持したいだけなんですよ。とんでもない人非人だと思います。

Oblige347 さんのコメント...

増税でも、消費税ですからねぇ・・・・^^;

こげんデフレが続いている中で消費税増税?!
所得を貯蓄に回せない庶民が増えているのにそれに追い打ちかれれば購買力へるでしょうが?!

所得税で累進上げるなら解るけんど、それだと今度は資産家や優秀な頭脳、優れた文化が外に流失する。

よく国債をスケープゴートにしていますが、どんな国でも企業が企業債を刷っているように国債をするんです。 重要なことは、国債の総量ではなく国債の信用価値と利子です。 国債を減らすのではなく、国債の価値を上げて国債を買ってくれる個人や国を増やせばいいだけのことです。 

それに、国債減らそうとして経済力が衰えて税収が経るよりも、国債を無理に減らそうとせず経済力を上げれば税収が増えて国債が経るっていうマクロ経済のゴールデンルールっていう黄金の原理を知らない無知な政治家と官僚が多いから嫌!!

とよこ さんのコメント...

借金(負債)の話で国民を脅かすだけ脅かしておいて、誰も国の資産の話を全くしないから呆れ返ります。

バランスシートっていう言葉、どぜうは知っているのでしょうかねえ。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Oblige347さんへ、

民主党は、国債を刷る代わりに増税して、その財源で給付金を分け与えて国民をたらしこもうとしています。
つまり、彼らは大きな政府を目指しているのですが、増税すればどうなるのか分からないんだと思いますよ。
そして、私が一番きらいなのは、政権交代したら四年間は増税しないとマニフェストで公約して、啖呵を切っていたことです。
これほどの詐欺はありませんよ。
至高の「嘘つきは泥棒の始まり」でありましょうな。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

とよこさんへ、

バランスシートで政府の財政をみることは、最近ようやくにして国民の間にも広まってきました。
でも、泣く子と地頭には勝てないように、政権取っちゃったら鬼に金棒ですよ。
民主党は、財務省の走狗に過ぎないので、このまま増税を突っ走るでありましょうな。
最低の奴等です。