2012年3月29日木曜日

義捐金着服男、ふくちゃんを見かけたの巻き


写真は、ふくちゃんこと福井厚志さんです。
バンコク在住でして外こもりの日本人として有名でした。
もっとも、でしたと過去形で書いたのには理由があります。

なぜなら、本投稿の通り悪事を働いたからです。
東北大震災の義捐金を着服して使い込むのは、最も始末が悪いでしょう。
モラルが現地化して、ちょっとぐらいのつもりだったのでしょうか。

とにかく、”ふくちゃん 義捐金” でググって見てください。
どんな事件だったのか、推し量れる記事がたくさん見つかります。
これまでの情報ですと、働いていた飲食店で軟禁状態にあったらしい。

店のオーナーが怒りのあまり鉄拳制裁にも及んだのも分かります。
ホームレスから現地採用まで、社会復帰を果たした結果がこれですよ。
いかにも残念な結末になってしまいました。

それで、この日の夕方、ふと彼を見かけてしまいました。
なんと、”さざえ”と言う日本食店の玄関脇に座り込んでいたのです。
ひざを抱えて、通りを歩く人々を意味も無くながめている感じでした。



最初は、あれー誰かに似ていると思って注目しました。
思い出すには数秒も掛かりません。
ただ、例の彼だと了解しなが不思議な気持ちにとらわれました。

だって、事件現場になった店の辺りを離れていないんですよ。
店のご主人は、ふくちゃんを許したってことでしょうか。
内内の話だから済みましたでは、どうにも腑に落ちない感じもしました。

と言うわけで、このいわくつきの義捐金は、すでに然るべき募金団体へ手渡されています。お店のPRもあったんでしょうが、マグロ解体ショーを派手に挙行して募金を募った顛末が、従業員に着服されると言うおそまつさなのでした。でも、店の周囲に未だに出没する前科一犯を見つけしまいました。まあ、仏様の前では何人も許されるのがタイ社会なのかも知れない。あらためて、そのものすごいゆるさに感銘を受けてしまった道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ふくちゃんは過去の人だし、肖像権があるのか無いのか知らないけど、もう見飽きたのでこの写真は削除した方が良いのではないでしょうか?
(ふと、気になっただけですけど。)