2010年4月12日月曜日

日本は最高なんだけど、タイはどうなってるのかの巻き

先週の土曜日に、日本へようやく帰ってきました。

今回は二週間と長期の休暇が取れています。
そんな目的で我が家へ戻ったのは、一年ぶりのことです。
ただ、時々は親会社に呼ばれて、会議で一時帰国はします。
ですが、我が埴生の宿には、ちょっと換気のために立ち寄る程度でした。

住んでいるのは、マンションの集合住宅です。
部屋は、他人に貸さないことにしました。
何時帰っても好いようにしてあります。
早く帰りたいと意思表示をしているようなものです。
ですから、そのまま空き家同然になっています。

それに、マンションは、一軒屋に比べればセキュリティーも高い。
管理人さんも、日中は常駐しています。
だから、変な空き巣が入るようなこともないので安心です。

さて、我が家に帰って手始めにすることは、掃除ですね。
部屋の通気孔を空けたままにしているせいでしょう。
結構、ホコリやチリがたまっています。

ただ、風通しも好いから自然と空気の流れも出来て、かび臭くはならない。
それで、先ず掃除からスタートします。

だが、しかしです。
家の中は、電気・水道・ガスをしっかり止めてしまいました。
このため、どうしても不便を承知の上で、生活せねばなりません。

電気がないから、照明は懐中電灯かろうそくを灯す。
水道は、どう言うわけだか元栓が止められていなので、ばれないように小出しに使う。
ガスは、しっかり元栓が締められている。
だから、カセットコンロでお湯を沸かすしかない。
そうなると、お風呂も入れません。
沸かした湯に水を足してぬるま湯を作り、それで水浴びするしかないのです。

つまり、まるで縄文時代に戻ったかのように原始生活を営むしかない分けです。

それに、テレビが見られない。
かろうじてつながるメディアといえば、近所で買ってくる新聞か、電池式ラジオですね。
そんなところから、ニュースを読んだり聞いたりするしかない。
本当に一過性の情報弱者になってしまいました。

そう言えば、バンコクでは反政府活動で死者を出す騒ぎあったみたいですね。
自分たちはその前に出国していたから、ラッキーだったと思います。
11日の日曜日、国外逃亡犯のタクシン元首相を支持する狂信的な赤シャツ団が、治安部隊と衝突しました。
とうとう、やったかと思いましたが、死者21人なら被害は想定の範囲内だろうと感じました。

アピシット政権も馬鹿じゃないですよ。
この程度の死亡者数であれば、国際世論から非難を受けずに住むと想定の範囲内だったはずです。
死者が五十から百人を超えれば、ちょっと数的に問題になりましょう。
それに、相手に犠牲をもたらして厭戦気分を起こさせる程度の数は、必要だったかもしれない。
正直、実に微妙な犠牲者の数だとは思いました。

でも、UDDこと赤シャツ団は、あくまでもアピシット政権の退陣と総選挙を求め続けるようです。
でも、もうちょっとの辛抱なのだ。
田植えのシーズンさえ始まれば、デモの主戦力のお百姓さんたちは故郷へ帰る必要がある。
デモ参加の日当五百バーツもおいしいだろうけど、本業は捨てるわけに行かない。

と言うわけで、デモ隊の指導者は「話し合いのときは終わった。人殺しとは交渉できない」と、デモ継続を強調しています。
でも、あんたらの資金源は、どうせ、逃亡犯でお金持ちの”とがびと”から出ているんだろう。
しかも、その家族や子供は、難を逃れて国外へ出国するような始末だ。
あんたたちは、駒として使われているのに過ぎないのが分からないのかい。
観光業界・流通業界の人たちが、ルンピニ公園で反対運動を展開してぶつかったように、忌み嫌う人々も多いことに気が付くべきだと主張したい道産子社長なのでした。
(この巻き、終わり)

9 件のコメント:

doraneko66 さんのコメント...

タイはかなり混乱しているようですね。
犠牲になった日本人ジャーナリストの撮った生々しい映像を見ました。
それでぐりぐりももんがさんはタイへ帰国出来るのですか?

追伸  
グーグルの日本語入力を導入しました。
快適です。

Yumi Yoshimatsu さんのコメント...

肩こりが酷い私は、早速、寝る前に貼って休みました。

そして翌日の昼過ぎ、酷い肩こりが大分回復していたことに

気づいて驚きました。

タイガーバームプラスターは評判どおりの効き目でした!

http://www.geocities.jp/hk_tiger_balm

ぐりぐりももんが さんのコメント...

ドラえもんさんへ、
ご心配をおかけしていますが、来週末にタイの戻るなので、ほとぼりは収まっているのではないかと思います。

そこで、ロイター通信の村本さんが亡くなったのは、直前の記事を投稿した後のことでした。

そのため、今回のデモ騒動について、補足しておきたいと思いましたので、改めて別記事を投稿しました。

宜しかったら、お読みください。

楽仙堂 さんのコメント...

ぐりぐりももんが様
タイに滞在していなかったんですね。
混乱に巻き込まれなくて良かったですね。

ブログの内容があまりよく判らないのですが、デモ隊が誰かに操られている(日当で)のでしょうか?タイの事情に疎くてすみません。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Yumi-さんへ、

タイガーバームって、バンコクでも買えますけど、二種類ありますよね。

茶色いのと白いのがありますが、タイでは白いのを使っています。

Yumi Yoshimatsu さんのコメント...

タイガーバームの湿布版ですが、これは足のむくみや疲れ、発熱時の対処などに有効に活用できましょう。  もちろん日本国内でも市販の湿布は多種ありますが、試してみれば違いを実感できるはずです。

http://www.geocities.jp/hk_tiger_balm

ぐりぐりももんが さんのコメント...

楽仙堂さんへ、

コメント有難うございます。

ちょっと考えるところがあって、もう一度、関連する記事を書いてみました。

今、帯広にいてホテルの一室から、こつこつ書いております。

明日は、伯母二人に予定です。

overdope さんのコメント...

日本におられて何よりです。

今回はスクムビットやサイアムにもいますね赤シャツ。 首相の家のあるソイ31でしたっけ? あのへんにも。
ラチャダムリ通りは完全に占拠されてるし・・・。
一方でカオサンではフツーにソンクランやってますし。 なんだかなあ。

戻られる前におさまればいいのですが。

ぐりぐりももんが さんのコメント...

Overdopeさんへ、

記事では、アピシット政権も馬鹿じゃないと書きましたが、ちょっと読みを誤った可能性が高くなったのでは最近は思い出し始めました。

当初、政権は、ソンクランが始まれば、UDDの主たる構成層の農民たちが帰省すると考えていたようです。ですが、帰らずにそのままバンコクに長逗留する状況ができてしまって、ちょっと厄介な事態になっています。

基本的に、小生はUDDが好きではありません。生理的に、政治闘争の考えが幼稚で知的レベルの高さを感じないのです。